セブでもHealthy food が買えるお店を発見!

こんばんは。セブ島留学中のMANOです。
今日は朝からジム〜〜パーソナルトレーニング受けて、汗をダラダラ流した後
プロテインマンゴーラッシーを作って飲みました。
ミキサーさえあれば怖いものなし!自分で作るドリンクが一番美味しいと思っているMANOです(笑)

そして、午後はアヤラモールへ。
映画を観に行ったんですが、寮の近くのJモールにも映画館はあります。
がしかーーーし!私が見たかったのはコレ

BEAUTY AND THE BEAST

Jモールは2つしか映画やってなかったので、わざわざアヤラまで行ったわけです。

初めてチケットを買ったり、一人でモール内をウロウロとしていると。。。発見!!

healthy options…

お。。。ここはきっと。。。
あんなものや、こんなものがある店ではーーーーーー???

探してた!!!!こういうお店!!!!!
(前回来たときは見つけれなかったんです)

中に入ると・・・

ほらーーーーあったーーーーー
私の大好きなプロテインもたくさん(笑)

まあ、高いですけどね。日本で買うのとほとんど変わらない金額です。
オーガニックのチョコレートをはじめ、食品、材料系、コスメがおいてありました。

チョコ買ったけど、245ペソ〜(600円くらい〜)でしたからね。
こっちの物価で考えたらありえん。

そして見つけたアーモンドミルク!!!!
値段忘れて買い占めそうになった・・・けど抑えて・・・
映画見るときに飲む分の1本だけしました(笑)

こっちにきてジョリビーだのフィリピン料理だの、スナックも含めてジャンキーなものばかりを食べている人しか見かけてなくて、こういうものを買う人もやっぱりいるんだなーって。

でも、どちらかというとやっぱり韓国人とか中国人、日本人などの海外の人が多い。
地元の人が買ってるっていう感じはあまりなかったです。

こっちの平均月給のこと考えたら、普通はこんなの買ってられないよね。
モール内にはブランドショップとかあるから、海外からの観光客、移住者はもちろん、セブ内でも高給取りの方も多く来るのはわかるんだけど。。。

食べ物での値段の差、お店で取り扱っている食品のクオリティやレベルの差があからさますぎてなんか複雑な気持ちでした。

セブの生活をする上でビンボー学生生活をしようと、地元の人に馴染んで生活してみたいと思う気持ちはありながらも、口に入れるものだけは気をつけたい。

自分が欲しているもの以外は食べたくない。
安さより、質をとりたい。と思う気持ち。

でも、ここが一番お金かかる。。。

どこにいても健康でい続けるためにはお金が必要で、そこそこの金額がかかるってことを実感した日でした。

日本はジャンキーなものと同じくらいの金額でヘルシーなものも食べることができる国。だからこそ健康への意識も高いようで低い・・・そんな気がしました。

こっちはハッキリと区別されてます。

ヘルシーなものは高い

求めている人が富裕層の少数だから。
日本てありがたい国だね。ほんと。

明日からまたフルーツ生活だーーーーー

またねーーー


Pomelo(こっちのグレフル)でかすぎでしょ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です