大阪で南インド料理を食べよう〜都島 ナンタラ〜

南インドに行くはずだったから・・・っていうことで毎日でもインド料理食べたくなってるんとちゃうか?と思われがちなMANOですが・・・

答えはNO!!!!

基本インド料理は月1回でいいタイプ(笑)
南インド料理限定なら週3は食べれます。

今回は一度行ってみたかった 南インド料理店「ナンタラ」に行ってきました。

スポンサードサーチ

都島にある南インド料理屋 ナンタラ


大阪市営地下鉄の谷町線の都島界隈は森小路に学校があったり、初めての職場も関目だったのでかなり庭感あったんですが、はや15年前とかなので、住む場所変わると行かなくなるよね。

さて、インド人が多い、カレー屋が多いと思われている大阪ですが、意外とちゃんとした南インド料理が食べれるところは少ないのです。

そんな数少ない南インド料理が食べれる「ナンタラ」は地下鉄谷町線 都島駅1番出口から徒歩3~5分くらいのところにあります。

ランチメニューは北インド料理もあり

メニューを見ると・・・プレートランチ・カレーライス・ビリヤニ・北インドのターリーと並んで南インド料理はこの3つ

・プレートラン

 

・マサラドーサランチ

・ベジミールス

私は南インド料理食べたくて来たので私は迷わず ベジミールスランチ にしました。

インド料理といえばナン!と思っているお友達たちはみーんな北インドのターリー(南インドではミールスと呼ぶ)にしてましたが、あえてその写真も載せません!

メニューの写真は公式ウェブサイトから引用させていただいております。他のランチメニューなどはサイトでご確認下さいませ。

南インドの定番 ベジミールス

上に置いてる、少しもうかじってるのがパパドゥっていうカリカリの豆せんべい。
味はしょっぱめのこちらも南インド定番の食べ物。

ライスは2種類ありましたが、スタンダードはソナマスリライスで追加料金を払えばバスマティライスに変更できました。

右のサンバルとその左上のスープがそこそこ辛かったですが、全然食べれます。
白ごはんめちゃ多めなので、辛さに耐えれるといってもいいかも?笑

ベジミールスランチ(ドリンク付)1,250円

セット内容はこちらです

挽き割り豆野菜カレー
南インドスパイススープ → サンバル
ソナマスリライス → バスマティに変更
本日の野菜おかず2品
本日の挽き割り豆煮込み → ダル
生姜と粗糖の煮詰め
スパイスピクルス → アッチャー
豆せんべい → パパドゥ
セットドリンク → チャイ H/C 選べます

チャイは甘くないまま出されます。なかなか良い味わいでした。
自分でお砂糖を入れるので甘さも調整できるのがGOOD!でした。

スポンサードサーチ

南インド料理がオススメな理由

南インド料理は油が少なめなので、胃もたれしにくいのが特徴です。なぜかというとココナッツオイルを使用している料理が多いから。そしてカレーもサラサラしているのです。

辛さは一部の北インドに比べると確かに体感辛めですが、日本で流行ったスープカレーに似ていたり、タイカレーにも少し似た味わいなので、インド料理の中でも日本人好みと言えると思います。

また、主食がナンやチャパティなどの小麦で作られたものでなくお米、米粉で作ったもの(ドーサやイドゥリ)が主食になるのでそこも魅力の一つです。

やっぱり日本人の胃には米が合う!そう思うのです。

南インド料理はミールスやカレー以外にもケララ料理、クリスチャン料理、ポンディシェリの料理など、欧米から伝わった料理のアレンジも多くあり、まだまだ奥が深いです。

 

 

 

店舗情報

インド料理 ナンタラ

【営業時間】
ランチタイム 11:30〜15:00(L.O.14:30)
ディナータイム 17:00〜23:00(L.O.22:30)

【定休日】無休
【電話】06-6928-8478

全席禁煙
PayPay・クレジットカード利用可能

【所在地】
大阪府 大阪市都島区都島本通3-28-2

【公式webサイト】
http://nantala.com/

【アクセス】
大阪市営地下鉄谷町線都島1号出口から東へ徒歩3分