インド リシケシのおすすめヨガ アナンドプラカーシュ《アシュラムもあり》

こんにちは。インド在住のMANOです。
北インドの行くべき6都市でもオススメしたリシケシ。

▶︎【関連記事】インド旅行で絶対行くべき6都市〜北インド編〜

リシケシはヨガアシュラムもヨガクラスもめちゃくちゃあります。
そのおかげで迷いすぎるのもリシケシ・・・

ということで、今日ご紹介するのは初めて私が来たインドで受けたアナンドプラカーシュ。
初心者でも気軽に受けやすく、違う時期に行った方の評判もよかったので、ご紹介したいと思います!

このヨガホールの雰囲気が一番好きだったんです!
(2016年の時から情報が変わっているところは更新して買いております)

スポンサードサーチ

リシケシ北側にあるアナンドプラカーシュ

私が当時インドに行ったときにリシケシの北側のTapovan(タポバン)のキイロイ家 Yellow guest house に滞在していました。

そのすぐ近くにあるヨガアシュラムが

ANAND PRAKASH YOGA ASHRAM
アナンドプラカーシュヨガアシュラム

ここは「地球の歩き方」にも載っており、ネットで『リシケシ ヨガ』で検索すると出てくるヨガ道場の一つです。

このアシュラムはリシケシに2007年にできてまだ10年ちょっとと新しい施設です。

本当はここのアシュラムに泊まりたかったのですが、あいにく満室だったので断念してドロップイン(1回ごとにヨガに行くスタイル)でヨガには行っていました。

相部屋なら空いてるよっていわれたんですが、初めてのインドで他の国の人と相部屋できる心の余裕は私にはなく、断念しました。今となっては相部屋でよかったですけどね(笑)

アナンドプラカーシュのヨガクラス・スタイルについて

ここのヨガは比較的どのレベルの方も参加しやすいと思います。呼吸、アーサナもわかりやすい、マントラを唱えたりもありますが、マントラは先生のあとに続けて唱えるので、知らなくても問題ないです。

公式webサイトにも説明がありますが

Akhanda Yoga はホリスティックなヨガを目的とし
「全体・不可分」という意味を持つ 「アカンダヨガ」 と名づけているようです。

様々なヨガの方向性をバランスよく取り入れた統合的なヨガでどこの流派とも少し違う、いい意味でバランスの良さを感じました。カナダに本部があり、世界中でこのスタイルを教えているスタジオがあるようです。

そのせいか、インドで受けるヨガの中ではアメリカのヨガっぽさを感じました。

何度か受けて感じたのは

  • クラスの進め方もいいペース
  • ハードすぎず、緩すぎず。
  • キープ時間もそんなに長くない。
  • 参加人数も多いので、あまり人目も気にせず自分のペースでできる。
  • ヨガホールが心地よい空間だった
  • 徐々に体を慣らしていく流れがよかった

また、レッスンは英語で行われますが、聞き取りやすく、そして簡単な言葉を使っていたので、初心者の方でもわかりやすいのではないかなと感じました。

アジャスト(先生がポーズ中に正しい形に直してくれる)も適度でした。
明らかに無理そうな人にはあえて触らなかったりの配慮を感じました。

ただ、ここではTT(ティーチャートレーニング)もしており、朝晩のヨガクラスの先生が毎回変わることもあります。その時期に、そこにいた先生がしている印象でした。なので、多少内容も変わります。インド人の先生だけでなく白人の先生で、明らかにリシケシに滞在している先生(住んでいなさそうな)方もいらっしゃいました。

ですので、時期によっては当たり外れがあるかも?

それは「運」なので、

自分に合うか、通うかどうかはドロップインで1度受けてみて、決めるといいと思います。

シャバーサナの前の笑いヨガ

2回目に受けたヨガで印象的だった出来事がありました。
最後シャバーサナ(横になって瞑想)の前にみんなで天井むいたまま ”笑う” というのがありました。

照れたりとかせず、大声で笑って、リラックスしてシャバーサナにはいる。

これは私は初めての経験で新しかったです。

そして気持ちよかったです。知り合いがいない状況で一人で行っていたので大声で笑うことなんて、インド に着いてからこの日までなかったので、体の芯の部分の緊張がふわ〜〜〜って溶けて、すごくリラックスできたのを覚えています。

そして、これ日本だったらこんなに笑う人いないんじゃないかなー
めっちゃ笑ってるの!引き笑いとかしながら!!
恥ずかしさが先に来て、絶対日本で初めて行ったクラスではできない体験なのでは?と思ってしまいました。

スポンサードサーチ

ヨガクラス料金とスケジュール

ドロップインで受ける場合

YOGA CLASS FEE:200ルピー 300ルピーに値上がりしてました・・・
morning yoga  6:00〜 7:45
evening yoga   16:00〜17:45
▶︎最新情報はコチラをご確認ください。

アシュラムに宿泊した場合のスケジュール

5:20-5:50am – Individual Meditation
6:00-7:30am – Yoga Class: asana, pranayama, mantra and meditation (not on Sunday)
7:50am – Agnihotra (fire puja)
8:30-9:00am – Breakfast
12:30pm – Lunch
4:00-5:30pm – Yoga Class: asana, pranayama, mantra and meditation (not on Sunday)
6:00pm – Dinner
7:00-8:00pm – Kirtan / Chanting (Tuesday & Thursday

Summer Time changes to evening class and dinnertime
(April 15 – September 15)

4:30-6:oopm – Yoga Class
6:30pm – Dinner
7:30-8:30pm – Kirtan
Note that meal times may be subject to change.

Library hours – Open daily from 13:15 – 14:15

アシュラムには宿泊せずにアクティビティを受けるパスもある

Live Out Passといってアシュラムには滞在せずにヨガ、食事、アクティビティを受けるパスもあります。
その場合は 1000ルピー+tax/日

アナンドプラカーシュ ヨガアシュラム 基本情報

所在地

Anand Prakash Yoga Ashram & Retreats
Tapovan, Rishikesh 249192 Tehri Garhwal
Uttarakhand India

Landline: +91 135 244 2344
Mobile: +91 (0) 844 910 8668

アシュラムに滞在費用

シェアルーム(2人か4人部屋のはず)
1200ルピー+tax /日 

(おおよそ$17 USD)

*上記に含まれるもの
ベジタリアンミール3食
朝と夜のヨガクラス(日曜日以外)
上記のアクティビティ

*冷房付きの部屋は+400ルピー/日

▶︎ANAND PRAKASH 公式webサイト
▶︎ANAND PRAKASH ASHRAM 公式webサイト

Tapovanでのカフェやごはん TripAdvisorで見てみてね。
・カフェおかえり
・Pure Soul -Cafe & Organic Kitchen- 

この二つはまじハズレない!
ごはん美味しい!!!

スポンサードサーチ

旅行者のヨガマットについて

旅行者で気になることの一つがヨガマットですよね。

ヨガマットはアシュラムでも借りることはできます。とくにレンタル料金なども必要ありません。

ボルスター、クッションなども自由に使えます。

ただ、ヨガマットは日本みたいに拭いて片付けてあるわけじゃないので、清潔感が気になる人は自分のヨガタオル、マット持って行く方が良いと思います。

ヨガマットは現地調達→寄付がオススメ

ヨガマットは300〜400ルピーくらいで買えます。リシケシの歩ける範囲内でどこにでもあるので、めちゃくちゃマットにこだわりがなければ、現地調達で良いですね。

最後に日本に持ち帰るのが。。。という方はアシュラムに寄付して帰るといいです。
私も自分のマットはスタッフの方に伝えて、そのまま置いて帰りました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?私はリシケシでアシュラムに滞在はしなかったので、いくつかのヨガを毎回ドロップインで受けていました。

とはいっても、朝のヨガは早いので、宿泊している場所から遠いと朝は行けないし、夕方もタイミングを逃すこともあったり・・・

やっぱりヨガ三昧にするならアシュラムに滞在する方が絶対いいです。
ヨガ初心者だったり、色々なスタイルのヨガを受けてみたい!という方にはここ行ってみてください!

【関連記事】ヨガをする女子がインドに行くのは自分探しの旅じゃない