脱毛マニアがお伝えするパーツ別お勧め脱毛法【脱毛マニュアル001】

みなさんこんにちはインド在住のMANOです。
日本でエステサロンを8年、脱毛サロンを2年半していました。

何を隠そう私自身がもともと「毛」に対する執着があり、自分自身も全身脱毛を20歳の時から始め、33歳までに200万くらいかけて脱毛をしてきました。

いやーバカでしょ。笑

それだけ毛が嫌だった。毛なんてまじいらんすぎると思って執着し過ぎた結果、やらなくて良かったこともあったり、やったことで余計にお金かかったことも・・・

その経験を元にみなさんには正しい脱毛を知っていただければと思います。

スポンサードサーチ

私の脱毛歴史

最初にやったのはワキと手の甲、ひじ下、背中でした。同級生が脱毛行こうと誘ってきたのがきっかけで行ったのはエステの光脱毛(フラッシュ)でした。

あの頃はまだエステといえどそこそこ高かったのと、何より予約がとれない!
2.3ヶ月に1回の予定が4ヶ月おきになったりとかよくありました。

脱毛って周期命なので、予約が取れない脱毛サロンって論外なんですよね。予約取れないとめんどくさくて行かなくなったりとかして、結局最後1回か2回は残ったままフェードアウトした記憶があります。

そこからやっぱり全身脱毛したい!って思い、その後エステ、医療、自宅と色々やってきました。
てことで、やってきた脱毛は下記のとおり

  • エステの光脱毛(フラッシュ)
  • エステのニードル脱毛
  • 医療のレーザー脱毛
  • 医療のニードル脱毛
  • ワックス脱毛
  • セルフ脱毛(家庭用脱毛器)

ここまでやったのでお伝えできることをいろいろな面からお伝えできればと思います。
今日はパーツ別にみる効果的な脱毛法についてを書きまーす。

 

脱毛の種類

エステ光脱毛 / フラッシュ脱毛

エステで機械を使って行う脱毛はこれです。
ただ、注意していただきたいのは、基本エステでは永久脱毛は謳ってはいけなくて、正確には除毛・減毛です。毛根を破壊する行為はエステでは禁止されているからエステの機械もMAX出力は決められていて、それ以上になると違法になります。

ただ、人によってはエステの脱毛で一生生えてこなくなった人もあり、個人差がありますので、100%無理というわけでもないみたい。でも理論的には永久脱毛ではありません。

ミュゼプラチナムを筆頭に格安脱毛サロンがありますね。
あとは月額制のサロン。私のサロンもこの形式をとっていましたが,
確実に毎月脱毛できるので、行けるなら月額制が一番おすすめですね。

頻度:1〜3ヶ月に1回
期間:2年以上
全身脱毛費用:10万〜

メリット
安い、美肌になる(機械による)

デメリット
時間がかかる(2〜3年)
施述者・マシーン・レベル出力によってムラがある
毛がチクチクする期間が少しある
白毛は脱毛できない
産毛に反応しにくい
硬毛化リスクがある

 

補足

脱毛の施述後3週間くらいで自然に毛がぬけてくるので、それまでは毛は目視できる。
毛抜きでの脱毛もNG!夏など、見た目重視の人は行くタイミングが難しいです。

ただ、回数重ねるごとに毛量は減るので気にならなくはなるが、最初は気になる。
肌の色が黒い人はレベルを上げれないので、通っても通ってもなくならないって言う人もいます。

医療レーザー脱毛

エステの光(フラッシュ)脱毛と仕組みは似ていますが、光の種類が違います。光の届く域、強さが違うので、永久脱毛と言い切れるのは医療だけです。

頻度:1〜3ヶ月に1回
期間:1年(6〜12回)
全身脱毛費用:50万〜100万

メリット
効果が出るのが早く、通う期間がエステより短くてすむ

デメリット
高い
エステの光より肌負担が大きい
色素沈着・火傷のリスク
脱毛直後のケアがめんどくさい
毛がチクチクする期間がある
白毛は脱毛できない
産毛に反応しにくい
硬毛化リスクがある

 

補足

エステの光脱毛と同じで脱毛の施述後3週間くらいで自然に毛がぬけてくるので、それまでは毛は目視できる。
毛抜きでの脱毛はNG!
夏など、見た目重視の人は行くタイミングが難しい。

回数重ねるごとに毛量は減るので気にならなくはなるが、最初は気になる。
肌の色が黒い人はレベルを上げれない分、エステで良かったのでは?って思うこともしばしば

 

ニードル脱毛

これは医療脱毛の一つです。毛穴一つ一つに針に細い絶縁針を刺し込み、微弱な電流を流すことで毛根を破壊し、脱毛していく方法です。
※絶縁針とは、針が肌に触れる部分には特殊コーティングを施しており皮膚の負担を最小限にできます。

頻度:3mm以上の毛が見える状態であればいつでも
期間:1〜3年

メリット
確実に永久脱毛できる

デメリット
高い
時間がかかる
施述者の技術差が激しい

施述者の技術力が最重要。歴史のあるサロン、実績のあるサロン、施述者の人が資格を持っているかなど確認が必須!

 

補足

ニードル脱毛は医療とエステとあります。実は針を肌に刺すのは医療行為にはいるので、エステでは違法とされる・・のですが、毛穴に刺すので肌に刺していない、そして使う電流のレベルも医療行為とされるところまでは出力されていない・・・というエステ側の言い分もあります。グレーです。なのでニードル脱毛を受けるときはこれを理解の上で自己責任でサロン選びをしていただく必要があります。

ワックス脱毛

広範囲の毛をワックスを使い一気に抜くというという方法。いわばガムテープ貼ってすね毛抜くっていう罰ゲームありますよね?簡単に言うとあれの美容版です(笑)
いくつかパターンはありますが、ロウみたいなのを溶かして毛を絡ませて抜いていく。施述者の技術力、センスを問われます。

頻度:3~4週間に1回
期間:自分次第、気がすむまで、気にならなくなるまで

メリット
施述後がいちばんすべすべで綺麗
安い
肌の角質ケアになる
セルフでもできる
白毛、産毛も除毛できる

デメリット
痛い
生えてくるのが早い
内部成長毛が増えやすい
やり続ける必要がある
肌負担がある
セルフの場合、背面が自分でできない

家庭用脱毛器

フラッシュ(光)と高周波を使ったものがあります。
パナソニック、ヤーマン、フィリップスなど家庭量販店で売られているものやライトエピなどエステサロン専売品など今は種類が様々です。

私は6機種試しましたが似たり寄ったりで、効果もそんなに変わらなかった印象です。
(また詳しく紹介します)

頻度:2~4週間に1回
期間:2年以上

メリット
1回あたりのコストが安い
手軽
予約の必要なく自分のペースでできる
機械が壊れるまでずっとできる

デメリット
頻度多い(2~3週間に1回)
広範囲になると時間がかかる
背面ができない
機械がちょっと高い
デリケートゾーンなどは自己責任

 

スポンサードサーチ

パーツ別お勧め脱毛法

全身脱毛を医療とエステでやってきたわけですが、そんな私がお勧めするパーツ別脱毛法です。
一番安く効率よくできると思える方法をご紹介します。
(ここでは効率性だけを重視です)

ワキ

エステの光脱毛 1~2年
残ったたまに生えてくる毛は電気カミソリで処理
めっちゃ気になる人はニードル脱毛

脚と腕(手の甲・指・足の甲・足の指含める)

エステの光脱毛 1~2年
少し残ったのが気になる人は電気シェーバーで処理、あるいはたまにワックス

 

ワキ・脚・腕

これらはより短期間でしたい人は医療レーザーをお勧めします。
肌もあまり弱い部分ではないので、通う期間を短くしたい人は医療レーザーのほうがいいです。

鼻の下だけとかならエステの光脱毛
顔全部をしたいなら硬毛化保証をしてくれる医療脱毛かフォト機能付きエステ脱毛

 

男性のヒゲ

絶対一生いらないって人は医療レーザー脱毛一択。
(時間かかっていい、安く済ませたい人はエステ脱毛でもOK)
量を減らしたいだけの人は家庭用脱毛器(光)をお勧め

【関連記事】脱毛マニアがセルフで脱毛するなら家庭用脱毛器!と言い切るワケ

VIO

痛いのが嫌じゃない人は医療脱毛 3〜6回
痛いのが嫌な人はエステの光脱毛 6〜12回
もともと毛が少ない、粘膜周りの毛を確実に無くしたい人は医療のニードル脱毛 3回〜

 

うなじ(襟下)

エステの光脱毛でもいいのだけど、場所によっては硬毛化のりすくあり。あと形作るの下手な人がいたりするから、ワックス脱毛かニードル脱毛がおすすめ。

 

背中・胸・腹・腹・デコルテなど

めちゃくちゃ気になる人以外はしなくてもいいというのが最終的に出た答えです。
産毛であるゆえになくなりにくいことと、低い確率ですが、硬毛化することがあります。
硬毛化対策をしてくれる医療レーザー脱毛か確実性を取るならお金がかかってもニードル脱毛をお勧めします。

 

乳輪まわり

こちらもめちゃくちゃ気になる人以外はしなくていいです。
やりたい方はワックス脱毛・医療のニードル脱毛かな。
それか地道に家庭用脱毛器。

自宅での脱毛法について

エステ脱毛、医療脱毛にあまりお金をかけたくない、通いたくない、海外にいる人にはセルフ脱毛をお勧めします。

安全面と確実性の観点からこの2択のみ。

ワックス脱毛
家庭用光脱毛機

【関連記事】
脱毛マニアがセルフで脱毛するなら家庭用脱毛器!と言い切るワケ

もしシェーバー使いたい人はパナソニックさんこれ一択です。

 

スポンサードサーチ

一般的な家庭脱毛・除毛法はすぐやめるべき

ざっと脱毛法について書きましたが、自宅での毛の処理は他にもありますが、下記はすぐにでもやめていただきたい。

カミソリ
毛抜き
脱毛機(毛抜きタイプ)
除毛クリーム
ブリーチ

これらは上記で挙げた脱毛法以上に肌負担リスク、色素沈着リスクが高いです。

いざエステや医療で脱毛するってなったときに反応しにくい(内部成長毛が生えやすい)。
毛穴が大きくなり過ぎて、毛がなくなっても毛穴が目立つ。

など、いいこと一つもないので今すぐやめたほうがいいです。

お風呂で体洗ってる時にカミソリで剃るなんてもってのほか!!
今すぐなくしたいなら、電気シェーバーかワックス脱毛に行ってーーーーー!!!!

【関連記事】ワックス脱毛でツルスベ肌を最短で手に入れよう

 

永久脱毛は可能なの?

これ毎回聞かれるし、永遠のテーマだと思うんですが、完全な永久全身脱毛は可能なのでしょうか?

全毛根を破壊できれば YES

ですが、私の答えはNOです。

とくに女性は完全に全部なくすのは不可能に近いと思っています。
それはホルモンバランスによって脱毛した箇所であってもまた生えてくることがあるから。
とくに妊娠したときなんてお腹周りの産毛が濃くなったりします。

だから、こだわり過ぎず、ある程度の減毛までしたら、電気シャーバーやワックス、たまにの毛抜きで自己処理するほうがいいかなと思います。

逆に男性の場合はなくったらほぼ生えてこないことがほとんどです。

もともと毛が濃いということもあり、光やレーザーでの脱毛がしっかり反応してくれることが多いのです。

だから男性の場合は特に通えるならサロンに通うほうが確実で早いです。

ヒゲとかもしかしたらいつか生やしたくなるかも?っていう人は家庭用脱毛器(光)をするのがいいですね。

脚・VIOに関しては男性はいちどワックスで試してみてなくなってどう感じるか次第でどれにするか決めるほうが良いですね。

ということで明日も脱毛シリーズ続きまーす。

 

関連記事一覧


【脱毛マニュアル002】
脱毛マニアがお伝えする脱毛の基礎とサロンの選び方

 


【脱毛マニュアル003】
脱毛マニアがセルフで脱毛するなら家庭用脱毛器!と言い切るワケ

 


【脱毛マニュアル004】
あそこの毛は必要なのか?アンダーヘア処理の常識

 

【脱毛マニュアル005】
ワックス脱毛でツルスベ肌を最短で手に入れよう